まずは少ない資産でお試し感覚で始めていくと良いでしょう。

仮想通貨で低リスクに投資するには?唯一の方法とは

MENU

損をしない投資の仕方

 

確実に損をしない投資の仕方は、実際にお金をかけたポジションを作らないことです。
よく個人投資家では、様子見最強とか持ち越しポジションを持っていない場合に、寝坊して儲けた(早起きしてポジションを作っていたら損していたような動き方をしていた)などと話しをすることもありますが、このページを見ている方の知りたいのはそんな方法ではないでしょう。

 

投資には、操作さえ間違えなければ理論上は確実に利益を出せる方法もあります。
有名なのは日経225などオプション取引のヘッジを活用した手法が複数有り、仮想通貨ではアービトラージ取引を活用されることが多いです。

 

 

手軽に低リスク投資するにはロッドを下げるしかない

 

リスクの少ない投資法には様々なものがあります。代表的な手法は以下の通りです。

  • 両建て
  • 逆指値で予想外の動きをしたらすぐに損切りする
  • 配当狙い

投資法を考えるビジネスマン

 

仮想通貨そのものが投資法品の中でもハイリスク・ハイリターンの特性を持っているため、リスクの少ない投資法は限られてきます。

 

もしリスクは少なくて少しでも儲かる資産運用できればいいと考えていればベンチャー企業であっても、仮想通貨以外の投資商品を選んだ方がいいです。

 

国債、大企業の社債、定期貯金など、あまり儲かりません。限りなくゼロに近いリスクで資産を増やせる商品も多数あります。
ただし、超低金利時代と呼ばれているので、ある程度は損失リスクを含めて変動のある投資商品で資産運用した方が時代にあった投資法と言われています。

 

一番確実な方法

仮想通貨で手軽に低リスク投資するにはロッドを下げることが一番確実です。
まずは少ない資産でお試し感覚で始めていくとよいでしょう。
両建ては専門知識を求められますし、配当狙いは株式であれば長期投資を前提に効果的な銘柄もありますが、仮想通貨は配当のある通貨そのものが少なく、市場全体の流動性が高いので配当狙いの投資商品には向いていません。

 

単純にリスクを少なくするなら逆指値でポジションを取ってから思惑と逆の方向に動いたら損切りする1回あたりの損失額を少なくする手法があります。
初心者にもオススメの基本的な手法ですが、損切りする機会も増えるため長期的に利益をあげるには、相応のテクニックが必要です。

 

また、ビットコインは短期的に激しい動きをすることが多いので、チャートブレイクで一方向にひたすら動くこともある商品に比べると、ポジションを取ったところの近くに逆指値を入れる投資法もオススメできるものではありません。

 

しかし、低リスクで利益を出せる手法は実際に多数実在しています。それぞれ、必要なツールや資金力、テクニックや知識、経験など求められることは多いですが、準備や対策をしっかりしておけば高い確率で利益を出せます。

 

低リスクの投資法は基本的に利幅が小さくなることが多いですが、ビットコインは値動きが激しいため、両建てなどヘッジを効かせる方法でも、うまく行えばリスク回避しつつ大きなパフォーマンスを挙げられる場合もあります。