株やFXよりも将来性は高く、大きなパフォーマンスを叩き出せる可能性を秘めています。

仮想通貨の今後の見通し-予想見解では上昇の声が多数!

MENU

今後の見通し

 

仮想通貨の需要が高まる見込み

 

投資商品の全てに共通して言えることですが、将来のことは誰にも分かりません。
仮想通貨はほかの株やFX(為替)に比べて不透明な部分が多いことを認識しておきましょう。

 

仮想通貨については、短期的に投資需要の拡大によって需要は高まっていくと予想されます。
しかし、長期的には投資商品としてのテクニカルというよりかは、仮想通貨を実用する需要がどう変化していくかがポイントになります。

 

 

規制が入るかが鍵

 

仮想通貨は国内での需要は低いものの、世界的には高い需要を見込まれていて、特に海外からネットを通じて商品を買ったりサービスを利用する機会の多い国や地域ほど利用価値が高いです。
少なくても、規制が入らなければ長期的に見て仮想通貨の需要は拡大していくでしょう。

 

日本においては自民党の副総理、内閣府特命担当大臣(金融担当)、デフレ脱却担当を務めている麻生太郎氏が仮想通貨の規制に否定的な見解を述べたことで期待を高めています。
2017年は中国での規制が入ったことや、今後の規制をくぐり抜ける方針などが話題になり仮想通貨市場に大きな影響を与えています。

 

株や為替の場合、利用者単位の需要で価値が決まる要素が大きいですが、仮想通貨は世界の国々や主要な中央銀行が規制をするかによって、大きな値動きが起こりやすいことを覚えておきましょう。
仮想通貨取引をするなら、世界単位での動向に目を光らせておかないといけません。

 

 

仮想通貨の利便性と安全性

 

実際に日常的な買い物やサービスの利用、送金などで運用することを考えると中央銀行が管理する通常の貨幣に比べるとセキュリティは低いので安全性に不安要素があります。
ハッカーによってシステム侵入によって大きなトラブルが起こる可能性もありますし、送金するメールアドレスの入力ミスやシステム障害が発生したときの問題もあります。

 

仮想通貨の需要が高まればトラブルも出てきますし、安定したシステムが確立していくかもしれません。
仮想通貨が日常の中でどうやって浸透していくかも重要なポイントです。
現時点ではビットコインの注目度が高いですが、将来的にはビットコインに一極化する可能性もあれば、ほかの仮想通貨が主導する時代に変わる可能性もあります。

 

 

今後の予想見解はさまざま

 

現時点での専門家の予想を見ると、軒並み上昇していく声が多いです。
2017年にはビットコインが200万円を超えて話題になりましたが2018年には400万円を超え5年以内には1,000万円を超える予想をしている専門家もいます。

 

その反面で、ひとつのキッカケで価値が短期間で半分以下。最悪は10分の1以下に下がってしまう可能性もあります。
諸刃の剣でもあり、当サイトで何度も案内していますがハイリスク・ハイリターンの投資商品です。
現時点では株やFXよりも将来性は高く、大きなパフォーマンスを叩き出せる可能性を秘めています。