仮想通貨は値動きが激しくリスクが高いですが、ポートフォリオの比率を低くすればリスクも少なくできます。

ポートフォリオとは?その重要性と目的についてを解説

MENU

ポートフォリオの重要性

 

ポートフォリオは投資している商品の銘柄を一覧にしたものです。
和訳すると書籍入れや紙ばさみという意味になり、欧米では紙ばさみに資産の明細書を保管していたことが名称の由来です。

 

仮想通貨は登場して日が浅く、価格の変動が大きい特性を持っています。
ひとつの銘柄の仮想通貨に特化して投資する場合はポートフォリオの必要性は低くなりますが、株やFX(為替)などほかの投資商品や複数の仮想通貨で投資する場合はポートフォリオを把握したり、ほかの商品の投資状況に応じて組み方を考える必要性があります。

 

全体的には短期投資より長期投資で重要視されることの多い管理ツールです。

 

 

うっかりミスをなくす目的

 

目的を解説する男性の手

 

現在所有している投資商品をそれぞれの含み益・含み損まで頭の中に入っていればポートフォリオは必要ありません。

 

しかし、市場は常に価格変動が起こっていて、ポートフォリオがないと現在の累計損益を把握することは困難です。
仮想通貨に限らず投資は常に冷静な分析を行い適切な対処をスピーディーに行う必要があります。
ポートフォリオは判断ミスをなくす上で重要なツールです。

 

また、仮想通貨投資を行っている人は、株やFX(為替)を併用しているケースが多く、複数の証券口座を使っている方も多いでしょう。
プロの投資家はパソコンのモニターを複数台使っています。主な目的はチャートや板など幅広いツールを一覧できる環境を作ることですが、全てのポートフォリオを一括表示する目的も持っています。
仮想通貨の今後の見通し

 

多くの銘柄に投資している場合はポートフォリオを見るだけで、今現在活発な値動きをしていて重点監視するべきものを明確にできます。

 

 

リスク管理をする

 

仮想通貨はハイリスク・ハイリターンの投資商品です。
また、仮想通貨の中でもビットコインとその他の新興通貨でリスクや特性も異なります。

 

一般的にはポートフォリオで株やFX(為替)、現金、不動産など、その他の資産の中で仮想通貨の比率が高ければハイリスク・ハイリターンの投資法とされています。
仮想通貨は値動きが激しくリスクが高いですが、ポートフォリオの比率を低くすればリスクも少なくできます。
常に資産の中で仮想通貨の占める割合をポートフォリオで明確にしておきましょう。

 

利益が出ると、仮想通貨の割合を増やそうと考える方も多いですが、リスクが高まれば少ない値動きで大きな損失を出してしまうこともあります。
あらかじめ、何%以内などと目安を決めて運用するとよいでしょう。